Home > サービスについて > ホームページ制作
ホームページ制作
ホームページ制作で効果を上げるためには

「どのようにして訪問ユーザが来てくれる仕組みをつくるか?」といったユーザ中心の
コミュニケーションをデザイン(設計)することが重要です。

「ヒント」は以下のようなホームページにあります!
  1. 探している情報があり、詳しく解説されている
  2. はじめて訪問しても目的のページまで到達できる
  3. 質問・疑問に対して回答が準備されている
  4. 訪問者自身がお客さまとして大切に扱われている感がある
  5. その会社・そのサービス・その製品の良さが伝わってくる
上記のようなホームページを閲覧した訪問ユーザにはこのように伝わります。
  1. 仕事や暮らしに役に立つホームページ
  2. 安心して使えるホームページ
  3. 親切な、やさしいホームページ
  4. おもてなしの心を持ったホームページ
  5. サービスを提供する側が自信をもっているホームページ

訪問ユーザに必要な情報を効率よく送り届ける。
結果、情報伝達を介して企業とユーザとの間にコミュニケーションが成立する。

ホームページづくりは企業とユーザのハッピーな関係づくりそのものだと言えるのです。

ホームページ制作フローのご案内

次のページからはアールデザインがホームページ制作をしていく過程を具体例を交えながらご紹介します。

サイト構成 【Site Map】

ホームページ制作の規模・目的・問題点などを明確にし、サイト全体の構造をサイトマップとして図式化します。

仕様決定

規模・目的・問題点に対応した仕様(どのようなサービスを提供するのか?また実現するための仕組み)を決定します。

詳細情報決定

仕様や選定された技術を活用したサービス提供の画面遷移・ページ内掲載情報などの具体的イメージを決定します。

インタフェース設計 【Wire frame】

決定事項を反映させた、最も効果的に下層ページまで誘引を可能とするインターフェースを確定させます。

コンテンツ整理

各コンテンツを新しいインターフェースに挿入、インフォメーションアーキテクチャ(情報設計)を検証します。

WEBデザイン提案1 【Design】

検討されたコンテンツ案に基づき、ホームページの目的やターゲットユーザにマッチしたデザインを導き出します。

WEBデザイン提案2 【Design】

演出・ブラッシュアップをふくめた完成ホームページイメージのご提案です。